【前回のお話はこちらから↓】



【instagramもやっています↓
   良ければフォローをお願いします!】


【本編はこちらから↓】

783C0AE9-7453-43EC-A95E-34953120F5B4



17A25BA5-5150-4F90-8B16-AF20C281D938



02F606E1-3057-4BF3-83C9-BF540C5A5BF7



E975E21F-31F7-40B8-BCF1-577D9623E0F5



E9DB1273-7C01-48A7-83E1-44BAF4A69D02



FA1BD056-2256-4702-B785-C959880E0EB5



時々感じていた胃の痛みは、次第に
慢性的に感じるようになりました。

家族と外食に向かっても、
せっかくの料理をろくに食べられないことも。

すでに満身創痍の状態ではありましたが、
それよりもいかにしてA子との関係を修復するかを
必死に考えていました。

こんな状態になってもなお、一人ぼっちで
孤独だった自分を救ってくれた彼女を
どうしても嫌うことができません。

「A子に嫌われたくない、見放されたくない」
そんな思いを強く抱くようになり、A子の存在が
自分の中で非常に大きなものになっていきました。


【よければ拍手やコメント、
 読者登録を宜しくお願いします!】


【ランキングにも参加しています!
 応援お願いします↓↓↓】

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク