【前回のお話はこちらから↓】


【instagramもやっています↓
   良ければフォローをお願いします!】




【本編はこちらから↓】

86F7F963-3EDD-4CB1-9B99-B05491DA217B



175A1290-4B09-40DE-B4B6-912D05D39646



EC8329A0-56FE-44FF-BB18-C62496C81A31



35506C47-0A99-4A22-87D1-24A1706291B8



0D5FEC84-C07B-45FE-AD8F-8C3C665B69E4



A子を怪我させてしまったことに対して
自分を責める思いと、理不尽にB子からいじめられて
疑心暗鬼な思いが交差していました。
(そもそもA子がノートを私から取り上げていなければ…
という思いもあります)

二人に頼っていたら何かが変わっていたのかも知れませんが、
この時の私は視野が狭く、頼ることは叶いませんでした。

B子からのひどい扱いに耐えぬいた練習後、
倉庫で後片付けをしていたところにB子の姿が。

バシンッ!という大きな音と、床に転がるモップ。

一瞬のことで、何が起こったのか理解ができませんでした。


【よければ拍手やコメント、
 読者登録を宜しくお願いします!】



【ランキングにも参加しています!
 応援お願いします↓↓↓】
 にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク