【前回のお話はこちらから↓】




【本編はこちらから↓】


5683389E-0A31-4016-801A-ABE26A26D066



108C95DE-9044-4C17-8409-EB455F797E10



5172C2FE-676A-491E-A2F1-68E9F96526B2



106E7E07-C3FF-4175-A75D-0F5405F82F4F



3FB6CF16-40AF-4CAE-B528-6542920A9AB0



クラスメイトとの1件以降、心の中はA子への不信感でいっぱいに。
彼女と距離を取ろうと考えたこともありました。

しかし、それでもA子から離れなかったのは、A子と出会う前のように
一人ぼっちに戻ってしまうことへの恐怖を感じていたから。


それを考えると、例えそれが支配的な相手だとしても、
友達がいないことよりもずっとよく思えました。

もし私の自己肯定感がもう少しでも高ければ、
「こんな私に友達ができること自体がラッキーだから…」と
A子との関係に甘んじることはなかったのかもしれません。

(そのA子によって仕組まれたことではありましたが、)
仲の良かった二人にあからさまに敵意を向けられたことで、
私に残されたのはA子しかいないのだと思い込むようになりました。



【励みになりますので、よければ
 読者登録やコメント、拍手を宜しくお願いします!】


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク