前回のお話はこちらから↓


 
本編はこちらから↓

AAFBFCCF-2E97-4593-BBD7-0D82AF62A4FA




2AC9CD44-891A-40D2-9284-461F4D60E6CA



90FD44BA-F6EE-431B-9050-BF1BE0E050D6



C89753F8-637D-4457-A655-C76CB1F3CD7A



4DE327C1-337C-48C8-926C-98B815A1274B



何故かオタク的なものに拒否反応を示すA子よりも、
好きなものを好きと言い合えるクラスメイト2人との時間に
次第に惹かれていくようになりました。

転入したてで孤独だった私を救ってくれたA子よりも
趣味の合う2人とより長く過ごしたい
と身勝手に思いましたが、
それはA子に対して非常に後ろめたく、常に罪悪感は抱えていました。

A子の立場になって考えてみれば、
”自分を頼ってばかりだったアオが、突然よく知らない相手に夢中になり始めた”
という状況は、面白くないものだったに違いありません。

自分が原因で起きている不穏な気配にも気付かないほど、
当時の私は新しい友達に浮かれてしまっていました。


【もしよければ、励みになりますので
 読者登録やコメントをよろしくお願いします!】 

スポンサードリンク